FeelWorksでは、研修の場を「作戦会議」と呼んでいます。人材育成・組織開発の本番はあくまで現場。講師は作戦会議の「ファシリテーター」であり、研修は「受講者が集まり、知恵を出しあい、策を練る場」と位置づけているのです。研修の基本的なプロセスは、まず人材育成・組織開発に関する課題を共有し、自責の視点で見直します。続けて、自身の目指すべき「あり方(スタンス)」を言語化し、それを具体的な習慣として落とし込むための「やり方(アクションプラン)」を考えていくというもの。このプロセスを丁寧に踏んでいくことで、表層的な理論やスキルの習得にとどまらない、本物の知恵と力を身に付けることが可能になるのです。

研修・講演ラインナップ

研修は、1日間(6時間)から、2~4日間など、ご要望の時間・日数で実施。講義のほか、参加型ワークショップ(グループ討議、ケーススタディ、ロールプレイングなど)を織り交ぜ実践的なプログラムを提供します。講演は、1時間から2時間程度を目安とし、講話の組み立て、詳細は受講者に応じてアレンジいたします。当社特製のプログラムを基本としながら、オーダーメイドも承ります。


講演・研修のテーマ例 ねらい

 



「働きがいあふれる」
チームのつくり方
「働き方改革」が叫ばれるなか、「働きがい」の創出こそが真に求められる改革であること、そして「働きがいあふれる」チーム創りの意義とステップを理解する。
トップの上司力 環境が変わり、従業員の価値観も多様化する中、今後向かうべき経営組織の方向性を押さえ、組織成果を最大化する「トップの上司力」のあり方を理解する。
ワークライフバランスと経営 経営の立場から、ワークライフバランスが求められる背景と課題を理解し、介護・育児など様々な制約を抱えながら働く人材を活かす組織戦略のあり方を見定める。
女性が活躍できる組織の創り方 女性活躍が求められる背景と、女性自身のキャリア観を読み解きながら、女性を含む多様な人材が活躍できる組織創り、真の「女性活躍推進」の方向を理解する。




上司力研修(既任/新任/女性部下育成/年上部下支援等) ダイバーシティの進行等、現場のマネジメント課題を踏まえ、多様なメンバーの価値観を読み解き、強みを活かし、働きがいを提供する「上司力」を修得する。
仕事の本質を見極めるためのタイムマネジメントの実践 仕事の本質(社会・顧客価値追究)に向けて、有限な部下の時間をいかに集中させるか。「働きがいと組織成果」両立のタイムマネジメントのあり方と方法を修得する。
傾聴・面談 職場におけるコミュニケーションの重要性と、管理者に求められる傾聴・面談のあり方・ポイントを確認するとともに、その具体的な実践ステップを修得する。
ファシリテーション
(1対多のコミュニケーション)
職場で求められるファシリテーション力の向上を目指し、ファシリテーションの原理・ポイントを理解し、ロールプレイ等を通じて職場で活かせる技法を修得する。
質問力 部下育成の一環としての「質問力」の向上を目指す。部下の内省を導く質問によって、部下自身の主体的な課題再考や問題解決の取り組みを促す方法等を修得する。
褒め方、叱り方 部下の育成とモチベーション向上のための適切な「褒め方」と「叱り方」の考え方とポイントを理解し、職場での実践に活かす指針・技術を修得する。
他者を尊重する自己主張 他者と立場や考え方が異なる場合に、自分の気持や解決案を伝え、相手が応じにくければ次の選択肢を示すなど、「他者尊重の自己主張」の考え方と実際を修得する。



プロフェショナルマインド

(次世代リーダー対象)

次世代リーダーとして部下・後輩の育成力向上を目指す。上司になる意味、上司を補う役割、部下・後輩の多様性の理解と育成のポイント、組織の創り方等を修得する。
今、求められる職場のコミュニケーション ダイバーシティが進む中、職場のコミュニケーションの円滑化は重要課題。中堅社員のコミュニケーション能力向上を目指し、その基本、実践指針、技術を修得する。
長く活躍するための働き方改造 「70歳代まで、50年働く時代」を迎える中、生涯にわたり働きがいを保持し、学び続け、有意義なキャリアを築いていく働き方のポイントとステップを修得する。
現場に必要な「報・連・相」 職場コミュニケーションの基本である「報告,連絡,相談」の意義と方法を学ぶ。現職場の報・連・相チェックを踏まえ、ロールプレイ等で効果的な方法を修得する。
新人・若手がやる気になる「先輩力」 新人・若手社員を効果的に育成指導する「先輩力」向上を図る。後輩育成上の課題・悩みを共有しつつ、その原因・背景を押さえ、後輩指導のヒント・仕掛けを修得する。



キャリアコンパス
(働く自分の指針づくり)
会社・組織とは何か、自分の入社動機、組織での成長に必要なこと、働きがい等を踏まえながら「マイ・キャリアコンパス」(職業人としての行動指針)を確立する。

ドラマで学ぶ

「働く人のルール講座」

新人職員としての定着と成長の基盤づくりを目指し、「社会人の基本」「職場ライフ」「キャリア」「人間関係」「働く目的」等の職業人のルールをケーススタディで学ぶ。



女性管理職向け・上司力 女性管理職特有の課題を踏まえ、若手,女性,年上部下の理解と一人ひとりを活かす視点、自らの強みを活かした上司としての「仕掛け」等「上司力」の修得を図る。
女性のための組織で活きるコミュニケーション 男性上司とのコミュニケーションギャップの解消を目指し、上司との「視界」や考え方の違いを理解し、円滑なコミュニケーションのポイントと方法を修得する。
03-6206-2771

アクションラーニング研修

経営者・管理職を対象に、1~2年間にわたり、少人数研修(ゼミ)を節目ごと開催する長期伴走型のアクションラーニング研修「上司力鍛錬ゼミ」もご用意しています。上述の通り、FeelWorksの研修コンセプトは「作戦会議」であり、1回1回の研修では、受講者は生の経験を共有し、独自の有効な知恵を創り出すことに集中します。その後、1~2カ月に一度のペースで集まり、それぞれ現場で実践された経験とそこからから得られた学びを毎回共有。その相互啓発からさらに知恵を磨いていきます。

上司力鍛錬ゼミ

(アクションラーニング研修の一例)

ナレッジ共有研修

研修成果として各職場で生まれた社内人材育成の好事例・成功事例を当社が取材・編集し、これを教材に用いた社内研修で、全社的な施策推進を図るのが「ナレッジ共有研修」です。現場で埋没してしまいがちな優れた人材育成実践の「暗黙知」(本人のみが分かっている知識・技術)を、「形式知」(言語化され、誰もが活用できる知識・技術)に変換して共有し、職場全体の人材育成力を向上させます。


03-6206-2771

お問い合わせはこちら

下記の入力フォームに必要事項をご記入の上、お気軽にお問い合わせください。後ほど当社担当者よりご連絡させていただきます。

 

お急ぎの場合は

Tel.03-6206-2771 (受付 平日 10時~18時)までお電話ください。


メモ: * は入力必須項目です