トップの上司力講演

部門・事業部などのトップとして、多様な部下一人ひとりの能力をフルに発揮させ、組織成果を最大化するための「トップのあり方(目指すべきトップ像)」をお話しする講演です。現代の会社組織は、その多くが短期的な業績向上に追われ、長期的な視点で人と組織の成長を支援する余裕を失っています。しかし、人材育成や組織開発なくして、ビジネスの持続的な発展などありえません。そこで本講演では、人材育成の目的・意義、組織のトップに求められる心構えや姿勢などについて、講師の実体験を交えながらご紹介していきます。

トップの上司力講演 プログラム例

<プログラム例/2時間程度>

01 業績向上と人材育成・組織開発の狭間で

 

02 管理職が抱きがちな部下に対するイメージ

 

03 これからの組織はどう変わるべきか

 

04 組織成果を最大化するトップの上司力

 

05 上司力実践の先にある醍醐味

トップの上司力講演 メイン講師

前川 孝雄 

株式会社FeelWorks 代表取締役

株式会社働きがい創造研究所 代表取締役会長

青山学院大学 兼任講師

企業研究会 協力委員

ウーマンエンパワー賛同企業審査員


㈱リクルートにて、『リクナビ』『ケイコとマナブ』『就職ジャーナル』の編集長を歴任した後、2008年に起業。「人を大切に育て活かす社会づくりへの貢献」を志に掲げ、独自開発した「上司力研修」「人を活かす経営者ゼミ」「育成風土を創る社内報」など時代性を踏まえたサービスを提供し、400社以上で「人が育つ現場づくり」を支援している。2011年から青山学院大学兼任講師として教鞭を執り、2017年には㈱働きがい創造研究所を設立。講演の回数は年100回を超え、ベストセラーを含む著書は約30冊を数える。


お問い合わせはこちら

下記の入力フォームに必要事項をご記入の上、お気軽にお問い合わせください。後ほど当社担当者よりご連絡させていただきます。

 

また下記のお問合せフォームから送信できない場合は、お手数ですがinfo@feelworks.jpまでご連絡ください。


メモ: * は入力必須項目です