FeelWorksの看板研修である「現場の上司力」研修を実際に体験いただく無料のセミナーです。いま、現場の上司は多様な価値観・雇用形態・世代の部下を束ねなければならず、多くの上司が部下のマネジメントに苦労しています。本プログラムでは、多様化した部下の仕事意識を読み解き、その背景を明らかにすることで、現場のマネジメント課題を解決するためのヒントを探っていきます。また、現場で起こりがちな「上司と部下のコミュニケーションギャップ」とその原因についても理解を深めていきます体験版のためワークの時間を短く設定していますが、単に講義を聞くだけではなくグループワーク・ケーススタディなどを通して学ぶ、実践的なプログラムになっています。管理職のマネジメント課題の解決方法を模索している経営者・経営幹部・人事の皆様、是非、一度体験してみてください。

 

概要

日時

2017年7月11日(火)14:00~17:00

 概要

部下を育て活かす「現場の上司力」(体験版) ≪15名限定≫

特 典:書籍1冊プレゼント

『上司の9割は部下の成長に無関心 「人の育つ現場」を取り戻す処方箋』

※日本の人事部サイトでも詳細をご覧いただけます。

会場名

株式会社FeelWorksセミナールーム

対象者

管理職、経営者・経営幹部、人事・労務

セミナー費用

無料

プログラム

部下を育て活かす「現場の上司力」体験セミナー

 

1【講義】業績向上とマネジメントの狭間で奮闘する上司たち
 様々な企業ではたらく上司たちの課題や悩み

2【ワーク】現場のマネジメント課題を共有する

3【講義】多様化する働く人の価値観
 若手・女性・年上部下の価値観を読み解く鍵

4【ワーク】課題の原因・背景を深堀する


5【講義】一人ひとりを活かす現場の上司力
人を活かす上司力とは何か、必要な心がけは何か?

6【ワーク】上司としての「あり方」を定める
真因を踏まえ、自身のありたい姿を定める

7 まとめ・質疑応答

※一部変更する場合もございます。

講師

株式会社FeelWorks シニアコンサルタント・専属講師

株式会社働きがい創造研究所 取締役社長

田岡 英明

 

青山学院大学経済学部卒。1992年、国内製薬大手の山ノ内製薬株式会社(現在のアステラス製薬株式会社)入社。社内の人材育成・組織開発に情熱を傾けた。2014年に株式会社FeelWorksに入社。「愛と絆に溢れた企業社会づくり」を志しに掲げ、全国各地で登壇を重ねている。2017年1月からは、株式会社FeelWorksのグループ会社・株式会社働きがい創造研究所の取締役社長に就任。活動の幅をさらに広げている。

《登壇実績》

三井住友銀行、パソナ(地域中小企業の非正規人材等確保・定着支援事業)、地方銀行協会、第二地方銀行協会、岩渕薬品、アスモ、西武開発、横浜脳血管医療センター、日総研出版、京王プラザホテル労働組合、日本商工倶楽部、十六銀行、昭和電工、ミツイワ情報、常陽産業研究所、大成ユーレック、横浜市、日本郵便、みずほ総合研究所、SMBCコンサルティングなど多数

参加者の声

 

管理職の自省を促すセミナーを探していて参加しました。私自身も部下のマネジメントに悩むことがあるので、実際にワークを体験して自分の日頃の行動を振り返ることができました。(食品メーカー・人事・男性)

グループワークと講義の相乗効果で、大きな学びを得ることができました。現場の管理職はプレイングマネージャーも多く、マネジメントの問題を抱えつつも解決する時間を持てない人がほとんどです。本日のようなセミナーを現場の管理職に1日提供するだけでも、大きな一歩になると感じました。ありがとうございました。(金融・総務・女性)

弊社社員のセミナーの選択のために体験セミナーに参加しましたが、私自身がグループワークに夢中になってしまいました。恥ずかしながら、マネジメントの問題は部下に原因があると思ってしまっており、自戒いたしました。とても新鮮な気持ちになりました。弊社社員にもセミナーを受けてもらおうと思います。(製造・経営幹部・男性)

講師の方の説明がとてもわかりやすく、親しみやすかったです。日々忙殺されている現場リーダーたちに、一度立ち止まって自らを振り返る機会を与えられたらと思いました。また、同じ女性でありながら、女性部下の特徴として挙げられている箇所はとても共感できました。もっと多くの社員に知ってほしいと思います。(小売・総務・女性)

「現場のマネジメント課題を共有する」グループワークで、他業種の方のお話が聞けたのがとても良かったです。多くの学びを持ち帰らせていただきました。社に戻って共有したいと思います。(IT・人事・男性)

03-6206-2771